株コラム

3/9

2020.03.09

おはようございます。   今朝、日経平均は2万割れとなります。コロナの感染拡大からNYの緊急事態宣言まであって、全く収束する素振りも無い感じです。   ここからは、政府と中央銀行が何が出来るか?何を出せるかです。何も無ければ500〜1000円級の下落、何か出ればそれなりの反発相場入りとなりますが。   なにもしないなんてあり得ないと思いますが、問題は「早くしろ」です。  続きを読む

3/6

2020.03.06

おはようございます。   NYダウは969ドル安。カリフォルニア州でコロナ感染拡大の非常事態宣言。これで売り圧力が強まりました。日本も中・韓からの入国に制限を掛けるなど、コロナの経済への悪影響恐るべしです。   1000ドル高・1000ドル安を繰り返すNY市場。米・長期金利は過去最低の0.9%。ドル円は106円台前半。落ち着かない外部環境のままであり、本日も売り圧力の強い日本市  続きを読む

3/5

2020.03.05

おはようございます。   NYダウは1173ドルの反発上昇。世界各国による金融緩和期待や経済対策・株価対策への期待感、米経済指標の相変わらずの好調ぶりが好感されたようです。   また報道を見ると、米大統領選挙の民主党候補選で穏健派と言われるバイデン氏が優勢となった事も株価上昇に繋がったとあります。   ダウは上げ下げとなっていますが、着実に3日連続で上値を伸ばして来て  続きを読む

3/4

2020.03.04

おはようございます。   NYは残念ながらー785ドル。コロナの影響から経済への悪影響を懸念し、FRBが緊急利下げを実施。来週にFOMCがあるにも関わらず、昨晩突然の緊急利下げです。流石に行動が早い!   これを受け、NYダウは上昇する場面があるも、逆に「コロナでの悪影響の大きさ・深刻さ」を改めて意識させる結果となり株価は下落。一時は1000ドル安の場面まで。   日  続きを読む

3/3

2020.03.03

おはようございます。   やっとNY市場が反発上昇。過去最高の上げ幅で1300ドルとはいつもながらの楽観的というか脳天気というか。下げるも上がるも一方通行です。   米FRBの利上げ示唆や世界各国中央銀行の協調緩和という話も。G7による電話会談など、コロナ対策・経済対策に世界が動いてます。   昨日は、日銀も動いてます。日経平均が上昇していたにもかかわらずETFを過去  続きを読む

3/2

2020.03.02

おはようございます。   先週末のNYは-350ドル。最後は切り返し下髭陽線ではあります。ナスダックは切り返しからプラ転してます。   ニュージーランドやナイジェリアなどでも感染拡大となり、世界への広がりからまだリスクオフ状態。それでも流石に買い戻しも入り始めた展開です。   日経は今日か明日がポイントです。今日明日で大反発が入りそうであり、個人的には21500円まで  続きを読む

2/28

2020.02.28

おはようございます。   昨晩のNYダウは過去最高の下落幅1190ドル。一時切り返す場面もありましたが、米カリフォルニアでコロナ感染者との報道などあり、パンデミック警戒のリスクオフとなった様です。   今回の下落開始からの下落幅は10%を超えて来ました。○○ショック級となって来てます。これで、世界的金融緩和による株高が終わってしまうのか? それとも経済対策や金融緩和により劇的に  続きを読む

2/27

2020.02.27

おはようございます。   NYは結局は続落。大きな下落の後だけに反発上昇の場面もありましたが、米食品医薬品局(FDA)高官がコロナの世界的流行を警告したことで売り優勢へ転換です。   あれだけ強かったNYも流石に亀裂の入ったチャートの修復には時間を要してます。   ちょうど今、日本時間9時前から米トランプ大統領の会見が行われてます。「新型ウィルスについて」の内容だけに  続きを読む

2/26

2020.02.26

おはようございます。   NYダウは大幅続落。2日で2000ドル級・8%の下落となりました。コロナによる経済への悪影響を懸念ってことらしいです。   日経先物の夜間では21890円まで突っ込んでます。 下値目処をチャートだけで見てみると、 日経先物での週足チャートで 1月14日高値24110円 8月5日安値19730円 半値押しは21920 円   もっとさかのぼれば  続きを読む

2/25

2020.02.25

おはようございます。   新型肺炎の広がりを世界株式市場が急に意識した大幅下落です。経済への悪影響が避けられないのは間違い無いです。   それでも、経済対策や金融緩和での経済の下支えが行われます。それを催促するかの様な大きな下落となってます。   ここからは「どこで止まるのか?」が焦点となります。とはいうのもの、いま段階で言えることは22000円割れは試される可能性が  続きを読む