メイン画像

こんな方のお役に立ちます!

株式の換金を会社が取り合ってくれない
査定を交渉しても安く提示される
相続税の負担が大きく、将来的に心配
払った相続税分を確実に回収したい
現金が必要で早く換金したい
配当金ゼロに不満がある

非上場株式の現金化でお悩みの方、ぜひご相談ください!

非上場株式の現金化とは


非上場の株式は、株式の譲渡についてその会社の承認を必要とする「譲渡制限」が設けられていることが一般的です。株式を譲渡するには会社法上の手続きが必要になってきますが、譲渡制限がついていても売却することは可能です。
「株ヘルプ.com」では、あなたがお持ちの株式の価値を算定し、合意価格で買い取ります。

お問い合わせは上のボタンをクリック!
株式の買い取りについて、お気軽にご相談ください。秘密厳守

非上場株式・同族株式・譲渡制限株式の売却・現金化をサポート!

こんなお悩みはありませんか?

親から相続した同族会社の株式を売却したいが会社側が応じてくれない
譲渡制限株式を他人に譲渡したいが会社が承諾してくれない
同族会社の経営を引き継いだ兄弟から株式を安価で売却するよう要請を受けている
譲渡制限株式を保有しているが配当はしてもらえないし、出資金も回収できない
評価額が高くなりすぎて相続税が心配

ご相談から株式現金化までの流れを図解!

N0.1

まずはお電話または下記フォームよりお問い合わせください。
ご来社日もしくはWeb面談日を予約いたします。無料

arrow
N0.2

「株式買取相談申込書」をもって受付とさせていただきます。
※発行会社・保有株式数・買取希望価格等を記入。無料

arrow
N0.3

弊社までご来社頂くかWeb面談にて、必要な手続きや最良な対策についてご案内します。無料


※面談時に概算での買取価格の目途をお話しできるようにするため、面談の前に「秘密保持契約書」を締結し、発行会社の情報を開示頂き、簡易調査を実施します。
※弊社からからお客様のもとへお伺いする場合は、交通費実費及び相談料をいただきます。
【相談料】弊社から100km以内…33,000円
arrow
N0.4

「株価算定申込書」にて株価算定及び買取提案の申込み受付し、 株式の価値を公認会計士・税理士等の専門家が簡易算定します。無料


※「株価算定申込書」を面談の前に頂ける場合、前項の「※当方から出向く場合」の相談料は無料となり、交通費実費のみ頂戴いたします。
arrow
N0.5

簡易株価算定に基づき、買取価格を提案します。無料

arrow
N0.6

弊社の提案する株価で合意出来れば、株式の売買契約を締結します。

お問い合わせは上のボタンをクリック!
株式の買い取りについて、お気軽にご相談ください。秘密厳守

株式買取のご相談をいただき、解決した事例です!

弁護士を雇うも話し合いは平行線。買取で6倍に!

製造業/元取締役の事例

ご依頼人が直接発行会社へ売却した場合  買取価格1,000円

「株ヘルプ.com」へ売却した場合  買取価格6,000円

買取価格は6倍となり、ご依頼人が受け取る現金の差額は

1,300万円

ご依頼人の状況
ご依頼時の年齢70代後半
発行会社との関係元取締役
ご依頼人の持株比率0.6%

発行会社の創業家に繋がりがあり、長年勤務したのち、取締役総務部長を務めて定年退職。現在、他社での嘱託勤務中。後期高齢者になったことから、終活の一環として株式を換価したいと考えていた。

発行会社の主張価格
1,000円
現社長はご依頼人が採用した人物。いつでも会える関係性ではあるものの、社内ルールを根拠に買取価格は1,000円と譲らない。

弁護士を代理人にして交渉・調停を申し立てたが、1,000円以上の回答は貰えず。
万策尽きたと思われたところ、弊社にお問い合わせ。

「株ヘルプ.com」買取提示価格   6,000円

ご依頼人自身で発行会社と買取交渉し、もし「1,000円でしか買えない」と言われてしまうと、それ以上何も出来ません。
「株ヘルプ.com」では、ご依頼人の希望と株式発行会社の業績や財務を精査し、6,000円で買い取りを提案しました。
買取価格が6倍になった上、煩わしい交渉も不要となることからご依頼者は喜んで合意されました。
無事に株式譲渡契約締結に至り、指定口座へ振り込みました。

退職金なしで社長解任。評価が下がる前に換金したい!

食品流通業/元社長の事例

ご依頼人が直接発行会社へ売却した場合  買取価格1,000円

「株ヘルプ.com」へ売却した場合  買取価格14,000円

買取価格は14倍となり、ご依頼人が受け取る現金の差額は

3,000万円

ご依頼人の状況
ご依頼時の年齢60代後半
発行会社との関係元社長
ご依頼人の持株比率40%

発行会社の創業者である父、後継者の叔父が他界し社長となった。
ある日、信頼していた常務と叔父の長男(合わせて持株比率60%)の裏切りによって解任されてしまう。
退職金も却下、せめて子や孫に資産を残したいが…。

発行会社の主張価格
1,000円
退職金代わりに株式の買い取りを申し入れた。
希望額は10,000円を提示したが、在籍当時常務だった現社長からは1,000円を主張される。

話し合いは、退職金不払いに続き株式までも納得できない額に。
解任されてからの経営状況は悪化しており、評価が下がる前に換金したいとご相談に訪れた。

「株ヘルプ.com」買取提示価格   14,000円

発行会社が買い取る場合は1,000円でしか売却できないと言われた株式ですが「株ヘルプ.com」では、ご依頼者の希望と発行会社の業績や財務をしっかり精査し、14,000円で買い取りを実施しました。
このように、ご依頼者への十分なヒアリングと発行会社の業績を細かく調べ、ご納得いただける金額での提示・合意を目指してまいります。

「株ヘルプ.com」の株買い取りサービスはここがすごい!

「わかりやすく、ていねいに」
株式売却&現金化に必要な手続き・対策をまとめて「株ヘルプ.com」がサポートします!

3つの特徴

お問い合わせはこちらから!

ご希望の面談の形式必須

ご相談の株式の額について



株式の保有率




お電話でも承ります。お気軽にお問い合わせください。

080-6630-6381